うつの治療を依頼【治療の中では最も早く確実な効果が得られる】

  1. ホーム
  2. 知っておくと為になる情報

知っておくと為になる情報

看護師

選ぶ際のポイント

自分はうつなのかということを相談するためには、病院又はクリニックに行って医師に診断してもらう必要があります。ただし、病院やクリニックのどの診療科に行けば良いのか分からない人もいらっしゃいます。うつに関しては、心療内科に行くのが一般的です。病院やクリニックによっては、精神神経内科やメンタルヘルス科と言ったりもします。そして医師からうつ病の診断がされた場合には、これからうつの治療をしていく必要があります。その際には病院かクリニックかを選ぶことになりますが、どういったポイントで選べば良いかという問題があります。これは、入院を必要とするかによって考えることが重要となります。病院は入院できますが、クリニックは通院のみとなります。ですから、入院の必要性がある場合には病院を選んで通院で治療できるならばクリニックを選びます。またうつの治療には長期的なものになりますので、通院ならば通いやすいさをポイントに選んでいきます。入院の場合には、その病院が単科の病院であるのか又は総合病院なのかを意識して選ぶようにします。単科の方がより専門的な治療を受けることができるので、入院する場合には単科の病院がオススメです。うつ病になっているか若しくはうつ病患者の状態を確かめる検査は、主に認知機能検査が用いられています。例えば、注意機能や情報処理能力を確かめるために行われるストループテストや注意の持続を確かめる際に行われる注意シフトテストなどがあります。これ以外にもまだ複数の認知機能検査があります。これらのテストを受けることで、社会復帰が可能なレベルにあるかどうかを判断していきます。そして、治療をしていく際にもこのテストで得られたデータを基にして治療プログラムが組まれます。なお、これらのテストをする側の技能も重要になってきます。心療内科の病院又はクリニックに行った際に、これらのテストを行う側のスタッフの対応に関しても、よく考える必要があります。経験豊富で落ち着きのあるスタッフかどうかというのが、検査結果に大きく影響を及ぼします。ですから、客観的にうつ病に関するこれらのテストを正確に行えるスタッフがいる心療内科のある病院ないしクリニックを選ぶことが大切になります。