うつの治療を依頼【治療の中では最も早く確実な効果が得られる】

  1. ホーム
  2. 病気になった時の対処法

病気になった時の対処法

女性

自分がなったら治す方法

うつ病になったら、いくつかの治療法があります。最も主流とされているのが、いわゆる薬物療法です。これはいわゆる精神薬を飲む治療法で、最もポピュラーな治療法でしょう。精神薬というと抵抗があるかもしれませんが、実はうつ病・うつ状態になると脳の分泌物質のバランスが崩れるわけです。そのため薬によって脳の分泌物質を補い、程よく調整させることで、徐々に調子を良くしていくという方法です。すぐに効果は出にくいのですが、少しずつ改善していく傾向があります。もうひとつはカウンセリングです。これはカウンセラーや心理士などの治療者と対面し、話をしたり何らかの作業をしたりすることによって、精神的な調子を取り戻していくという方法になります。それぞれカウンセラーや心理士などによってカウンセリング方法に違いがあり、時間をかけて会話や作業を介して認識の歪みを治していくのです。また、他にも行動療法や森田療法など、様々な治療法があります。どの方法もゆっくり時間をかけて治していくので、気長に行いましょう。もし身近な人がうつ病になった場合はどう接したらいいのでしょうか。まず、否定的な言葉を投げかけたり、努力を強要したりするのはやめましょう。例えば「頑張れ」とか「病気なんて甘えだ」などと言うのはますますその人を追い込むだけです。風邪やインフルエンザなどに感染した人を責めることはしませんよね。それと同じように、誰かを責めるのはやめましょう。次に、かといって相手に徹底的に付き合い続けると、今度はあなたが引きずられて精神的に不調を来す場合があります。このため、自分にできる範囲と出来ない範囲を明確にし、その上で付き合いましょう。仮に向こうがもっとあなたに要求してきても、それは断るようにしましょう。もし何か相談してきたり、辛いとこぼしたりするような時は、否定も肯定もせず黙って話を聞いてください。この時には励ましの言葉よりも、ただ相手の言葉を聞き、それに「あなたはそう思うんだね」と同調するようにしましょう。最終的にうつの治療のゴールは、その人が病気になる前の状態や、その人にとって良い状態に持っていくことなのです。治療をしている人がいるなら、傾聴を心がけてください。